家族の健康と幸運をいのるおせち料理

家族の健康と幸運をいのるおせち料理

お正月に食べる料理のことを、なぜおせち料理と言うのでしょうか?
「節句」と呼んでいるお祝いの日には、まず神様たべものをお供えして
そのあと、おさがりをみなでわけて食べました。

 

神様に食べるものをお供えすることを「節供」といい、そこから
「おせち」と変化したのです。

 

おせち料理は、正月を祝うごちそうです。由来は、大みそかに年神さまに
そなえたのち、正月三が日に家族で食べて、その年の健康や幸運などを
いのるものでした。

 

おせち料理には、それぞれに祈りや願いが込められています。
年のはじめにたべる料理なので、色や形、味のよい材料でつくられ、
それぞれにめでたい名前をつけています。

 

 

 

・だてまき
巻物ににていることから、知識がふえるように願います。

 

・黒まめ
健康でまめに(苦労をいとわず)はたらけるように願います。

 

・紅白のかまぼこ
紅は魔よけ、白は神聖さを意味します。

 

・田づくり(ごまめ)
かたくちいわしの稚魚を料理したもの、小魚は田の肥料にしたことから、
豊作をいのります。

 

・こぶまき
「よろこぶ」の「こぶ」と音がかさなることから、縁起がよいとされています。

 

・数の子
にしんのたまご。子だくさんをいのります。

 

・くりきんとん
きんとんは「金団」と書きます。お金がたまるようにという願いをかけます。

 

 

 

・れんこん
あながあることから、将来のみとおしがよいことをあらわします。

 

・えび
腰がまがるまで長生き出来るように、と願います。

 

・紅白なます
細切りにした大根やにんじんを甘酢であえ、いくらなどをのせます。

 

・ごぼう
ごぼうは長く伸びることから、長生きをねがいます。

 

・酢ダコ
切り口が紅白になるので、めでたいとされています。